iPhone6


2014年9月12日よりキャリア3社(docomo、au、ソフトバンク)でiPhone6/6Plusの先行予約が開始となったが、なぜかdocomoだけが端末料金を発表しない状態に…そのNTT docomoも2014年9月14日に、やっと端末料金を発表。各社の端末料金が出揃った。



発表内容を見ると、各社とも他社からの乗り換え客を取り込みたいとの思惑からか、キャンペーンには力を入れている。


その中でも特に注目なのがdocomoのiPhone下取りプログラム』だ。例えば、他社端末のiPhone 5sの64GBを下取りすれば最大4万円分のドコモポイントを進呈するとのこと。また、「おかえりボーナス」として以前ドコモユーザーだった人がMNPで戻ってきたときに、解約時のドコモポイント分に10,800円をプラスした分を端末購入代金から差し引いてくれる。docomoから他社に乗り換えたユーザーを取り戻したいということが如実に現れているキャンペーンだ。



これに対し、auは『auにかえる割 Plus』で新料金プランの『カケホとデジラ』に加入した際に、au WALLETに1万円チャージされるほか、『LTE』プランに加入すると2年間月額基本料金が0円となる。また、『iPhone:下取りプログラム』は、機種変更と同時に下取りに出すことで本体価格の割引に使えるWALLETポイントが最大27,000ポイントプレゼントされる。



ソフトバンクは『のりかえ割』として、「スマ放題」加入者に10,000ポイント分のTポイントまたは、10,800円分の通信量を割引。また、「ホワイトプラン」+「パケットし放題フラット」の加入者に、20,000ポイント分のTポイントまたは、ホワイトプランの基本使用料が2年間無料となる。

また、従来までの下取りサービスである『スマホ下取り割』に変えて、『タダで機種変更キャンペーン』をスタートさせた。既存のiPhoneユーザーが、実質負担額0円~1,450円でiPhone 6やiPhone 6 Plusに機種変更できるようになる。



今回のiPhone6/6plusの発売は、他社からの乗り換えが見込むことができるだけに、各社とも力の入れ方が半端ではない。とはいえ、個人的には電子マネーとしても使える「au Wallet」へのチャージがあるauのキャンペーンが魅力的だなあ!


スポンサードリンク





【次回予告】
 気になる方は登録を!→ follow us in feedly
数回にわたって書いてきた『全盲の僕が弁護士になった理由 』レビューも次回で完結?次回まで、お楽しみ〜!


ブログランキングに参加しております。よろしかったらクリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

ITが苦手な事業主やブログ運営者のためのメルマガ! 登録はこちらをクリック!