28

2014年10月4日(土)午前9時21分、ホリデー快速「あきがわ3号」がJR五日市線・武蔵五日市駅に到着した。これから友人とともに檜原村探訪!今回の探訪の目的地である東京都檜原村は、島嶼部を除く東京都唯一の「村」だ。檜原村までは、武蔵五日市駅から車で1時間ほど。初めていく土地に心を躍らせながら、僕らは迎えに来てくれた友人の車に乗り込んだ。

44

檜原村に到着した僕らは、最初の目的地である「東京都檜原村 都民の森」に到着した。ここには東京都心部では味わうことのできない森がある!森林を見ると、紅葉が少しずつ始まったことが分かる。そして、森林を歩くと都会の喧騒を忘れ、落ち着いた気持ちになる。僕らは森林の呼吸を感じながら、三頭大滝へと向かっていった。

19

34

三頭大滝に到着した。静かな森の中で、水の音だけが響き渡っている。橋の上から眺める滝は格別だ!

11

三頭大滝を後にした僕らは木工工芸センターに向かった。ここではキーホルダー作りを体験できる。僕らは、型を電動糸のこでくりぬきながらキーホルダーを作った。電動糸のこを使うなんて、中学校の技術の授業で行って以来ではなかろうか?不器用な手つきで電動糸のこを動かしながら作った、僕の作品はこちら!(苦笑)

59

木材工芸センターを後にして、僕らは森林館を、そしてセラピーロードを通り抜け、「東京都檜原村 都民の森」の駐車場に戻った。さあ、これから兜家旅館へ出発だ!

33

兜家旅館は、檜原村数馬地区にある旅館だ。この地区には400年もの歴史が誇る合掌作りの建物が残る。兜家旅館は合掌造りの建物を宿泊施設として利用している旅館である。もちろん、予約をすれば、ランチのみも可能。今回はランチをいただくとともに、友人が女将として働く兜家旅館の施設を拝見した。

・兜家旅館全景
04

・玄関
02

・宿泊部屋 テレビがないので、庭にある川の音が静かに響く!
45

・庭先の景色
41

・囲炉裏
02

・かまど
16


兜家旅館の周りを散策すると、東京都心部では味わうことができない自然の恵みを感じることができる。そしてそれは、出された料理のも表れている。今回いただいた料理に使われている山菜は、すべて兜家旅館の周りで取れたものばかりだ。そのためか、普段食する山菜よりも味がしっかりとしていた。自然の恵みを感じる料理だ!

21

兜家旅館の趣に感動の余韻を残しながら、僕らは帰路につくために友人の車に乗りながら、武蔵五日市の駅に向かった。その途中で出会ったのが檜原村のゆるキャラである「ひのじゃがくん」だ!檜原村の特産である「ジャガイモ」をモチーフにして1991年に作られたとのこと。年齢は永遠の22歳だ!

20

そして武蔵五日市駅に到着。そして僕は17時54分の拝島行きの電車で帰路についた。

今回の檜原村探訪は、「東京にも、こんな場所があったのか?」と驚きの連続とともに、癒された気分になった。季節は秋。これから紅葉がますますきれいな季節になる。新宿から2時間の檜原村で紅葉を味わいながら、これからの季節のひと時を味わうのはいかがだろうか?是非、檜原村を、そして兜家旅館を探訪問あれ!


兜家旅館の詳細はこちらからどうぞ!
 ↓


【次回予告】 気になる方は登録を!→ follow us in feedly
次回は本の話題を取り上げたいと思います。次に取り上げる本は何か?次回まで、お楽しみ?! 

ブログランキングに参加しております。よろしかったらクリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


ITが苦手な事業主やブログ運営者のためのメルマガ! 登録はこちらをクリック!