本文引用


■「環境整備」と「掃除」はどこがどう違うのか?


感想

本書で取り扱っているテーマは、「掃除」ではなく「環境整備」である。「掃除」と「環境整備」。この2つの言葉、似ている言葉ではあるが、本書の定義は全く異なる。今回は「掃除と環境整備の違い」について述べた本文を取り上げた。なぜ取り上げたかというと、この違いこそが本書のキモとなる部分だからだ。

本書によると、「掃除」と「環境整備」では目的が違う!「掃除」はあくまで「ゴミや汚れを取ること」を目的としているが、「環境整備」は「仕事をやりやすくするために整える」ことを目的としている。最終ゴールは、あくまで仕事に直結しているのだ。

ここで疑問だが、ではなぜ「環境整備」を行うことで、社員がやる気を出し、成果が高まるのだろうか?この疑問については、この次あたりで【本文紹介】を通じて触れていきたいと思う。

※本書はダイヤモンド社・寺田さんより献本いただきました。

朝一番の掃除で、あなたの会社が儲かる!


関連書籍



目次

 第1章 なぜ、どん底を見た会社が短期間でV字回復したのか?
 第2章 「掃除」と「環境整備」は、どこが違うのか?
 第3章 「朝一番の掃除」は、最強の社員教育である
 第4章 嫌がる社員をどうやる気にさせるか?
 第5章 「朝一番の掃除」で、ガラリと生まれ変わった全30社を一挙公開!


【次回予告】 気になる方は登録を!→ follow us in feedly
次回も引き続き『朝一番の掃除で、あなたの会社が儲かる! 』の【本文紹介】を行いたいと思います。次回は、「環境整備」は、なぜ最強の社員教育となりえるのか?本文紹介を通じて、その箇所に迫っていきたいと思います。


ブログランキングに参加しております。よろしかったらクリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

ITが苦手な事業主やブログ運営者のためのメルマガ! 登録はこちらをクリック!