2014年11月9日(日)、僕は、埼玉県越谷市にある「越谷レイクタウン」にいた。人生初のランニング大会「第6回 越谷レイクタウンランニング」に参加するためだ。

第6回越谷レイクタウンランニング

越谷レイクタウンは埼玉県越谷市にあるニュータウンだ。人工池である「大相模調節池」がランドマークとなっている。「越谷レイクタウンランニング」は、この「大相模調節池」に沿った、1周2.5kmのコースを周回する。僕がエントリーしたのは一般男子5kmの部だ。よって、池の周りを2周する。

越谷レイクタウン

僕が会場に到着した頃、ちょうど10kmの部がスタートするころだった。スタートの号砲はソウルオリンピック女子マラソン代表の浅井えり子さんが行った。そして、浅井さんが見守る中、10kmの選手がスタート!

浅井えり子さん (1)

浅井えり子さん (2)

10kmの部のスタートが行われ、選手が走っていく姿を見たあと、僕は受付にて一般男子5kmの部に参加するための手続きを行った。レースの1時間前のことだ。このとき、雨が少々降ってきた。天候、大丈夫かな?

受付

受付を済ませた僕は、更衣室でウェアに着替え、所定の荷物預け場所に荷物を置いた。このとき、外は土砂降り!10kmの部は雨の中のレースとなった!外でウォームアップを兼ねて、軽く走りたかったのだが、この天候では仕方がない!雨の中のレースを覚悟しながらレース開始を待った。

レース開始10分前、雨が上がってきたところで、レースの参加者が集まってきた。そして、レース開始の時!浅井えり子さんの号砲で5kmの部のレースがスタートした!

先にも書いた通り、このようなランニング大会に参加するのは初めてのこと。「とにかく自分のペースで走ろう」とは思ったものの、周りのペースに引っ張られるように、いつもよりハイペースで走っていった。気がついたら、1kmを4分台のラップで走っていた!こんなペースで走ったのは初めてであり、1周目が終えたところでさすがにきつくなった.....2周目の後半、特に最後1kmのアップダウンは本当にきつかった。それでも踏ん張り、ゴールが見えたときにダッシュ!24分54秒でゴールした。今まで5kmを走っての、自己ベストのタイムだ!

ゴール付近

初めて参加したレースだが、ゴールしたときは達成感と満足感を感じることができた。とくに1kmを5分のペースで5kmを走り切ったことは自信になった。それと同時に、もう少し練習を積み重ねると、もっと速く走る事ができるんじゃないか?そんな手ごたえを感じたレースとなった。

また来年も参加しよう!

BlogPaint


関連商品


愛用のシューズです。足にピッタリをフィットし、軽い履き心地のシューズです。走りやすいですよ!



そして、こちらのシューズもオススメ!メンズ/レディースともにそろっております。

ITが苦手な事業主やブログ運営者のためのメルマガ! 登録はこちらをクリック!