風邪をこじらせてしまい、ブログの更新が遅れてしまいました。やっと体調が回復したので、今日から新たに書き続けていきたいと思います。

2014年12月9日、”「企画は、ひと言」実践セミナー~人気放送作家から学ぶ企画をひと言で伝えるコツ~@恵比寿ヨコニワ”を開催しました。

このイベントは、『
【お知らせ】「企画は、ひと言」実践セミナー~人気放送作家から学ぶ企画をひと言で伝えるコツ~@恵比寿ヨコニワ』を開催します!』でもご紹介したように、人気放送作家であり、『企画は、ひと言。
の著者である石田章洋さんをお招きして、「企画を”ひと言”で伝えるコツ!」をレクチャーしていただくとともに、参加者の皆さんが考えた企画を発表していただき、それを石田さんが講評するという内容のもの!また、このイベントのレクチャーでは、三遊亭道楽師匠も登場!レクチャーでは、2人のボケと突っ込みで掛け合いながら、”企画とは何か?”を分かりやすく講義いただきました。

特に印象に残ったのは、”企画とは、世界を進化させるもの”という石田さんの言葉!

企画とは?

確かに、素晴らしい企画は、進歩に寄与してまいりました。例えば、石田さんが例としてあげたココ・シャネルは”コルセットから女性を解放”し、現代の女性ファッションに大きな影響をあたえました。

ココ・シャネル

”世界を進化させる”と書くと「何だか凄いものを考えないと”企画”とは言えないのかなあ......」と思うかもしれませんが、決してそんなことはありません。石田さんは以下のように述べました。

「今よりも・・・・
・少しだけ笑顔の人が増える
・暮らしがちょっとだけ便利になる
・少しだけ困っている人が減る
・仕事がちょっとだけ楽しくなる
それを考えるのが企画だ」

そして、こうも述べています。

「企画は、決してクリエイターだけに求められるものではない。私たちが日常の生活の中で求められているものだ」

世の中を良くするとは?

確かに、僕が行った今回のイベントも、「企画をどのように行ったらいいのだろう?」と困っている人に対してヒントを与えることに寄与できたと思うので、そういう意味においては「少しだけ困っている人が減る」ということに該当する”企画”ですよね?また、みんなで飲み会を開くことも、「少しだけ笑顔の人が増える」ことにつながる”企画”と言えます。そう考えると、”企画とは、「こうしたい!」という理想に向かって、何かをちょっと考え、行動すること!”と言えるかもしれません。

では、よい企画を考えるためにはどうすればよいのでしょうか?石田さんは「素晴らしい企画は”ひと言”で伝えることができる」と、そして「ひと言企画は”5S”である!」と述べております。

ひと言企画の5S

”5S”の内容は以下の通り。

・Short(ショート)・・・・・・言葉は短ければ短いほど強くなる
・Simple(シンプル)・・・・シンプルな軸を考える
・Sharp(シャープ)・・・・・刺さる=インパクトがある
・See(シー)・・・・・・・・・・企画が”見える”
・Share(シェア)・・・・・・・シェアできる合言葉をつくる

とまあ、こんな感じでいろいろと学びの多い内容となりました。

もしこの記事を読んで、「”ひと言”で表すことができる企画をつくるにはどうすればよいのだろう?」と興味を持った方は、是非、、『企画は、ひと言。 を読んでみてください。今回のイベントで石田章洋さんが説明してくれた内容が、具体的に書かれておりますよ!


関連書籍






【次回予告】 気になる方は登録を!→ follow us in feedly
現在、『絶体絶命でも世界一愛される会社に変える! 』の書評を準備中です。次回もお楽しみに!


ブログランキングに参加しております。よろしかったらクリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

ITが苦手な事業主やブログ運営者のためのメルマガ! 登録はこちらをクリック!