書評


僕が本書『普通の会社員がフリーランスで稼ぐ』を読むキッカケとなったのは、Dラボメンバーとして運営のお手伝いをしている「Discover Book Bar」のゲストとして著者の田中美和さんが登壇したことだ。


田中さんは日経BP社にて記者としてのキャリアを経たのちに、株式会社Warisを共同創業。多くのフリーランスで働く女性を支えている。


「自分の専門性を生かしながら働いていきたい」と思いながらも育児・介護などの理由で「長時間労働が当たり前になりつつある正社員として働くことは難しい」という理由から退職を余儀なくされた働き手はたくさんいる。だが、多くの方は「自分の専門性を生かしながら働き続けたい」という希望を持っている。その一方で会社側も優秀な人材を思うように採用できなくなったと考える企業は多い。しかしグローバルの競争で生き残るために、専門スキルを持っている方々を即戦力として活用したいと考えている。また、社会面では"シェアカルチャー"が働き方の多様性を生み出している。本書は、個人、会社、社会のそれぞれの立場から、フリーランスが文系総合職まで拡大した理由を、しっかりとした分析をもとに読者に提示、その上でフリーランスとして生きていくために必要なスキル、そして心得を提示しているのが大きな特徴だ。


"ノマドブーム"に代表されるように、2~3年前に発売された"働き方"に関する本はどちらかというと「フリーランス礼賛」の要素が強かったように思う。しかし、最近はそんなブームも一段落した一方で、テクノロジーの進展に支えられながら、社会構造は「プロジェクトにあるところに人は動く」という雇用の流動化が急速に進んでいる。今、求められているのは、「サスティナブルな生き方を手に入れるために、社会構造の変化を捉えながら、どのような準備をすべきか?」ということであろう。


本書は、フリーランスとして働き、稼いでいくために必要なスキルや人物像を提示しているが、本書で示されたスキルや人物像は、フリーランスに限らず、会社員として働き続けるにおいても必要なスキルである。タイトルに"フリーランス"とはあるものの、フリーランスという言葉にとらわれずに、「サスティナブルに働き続けるために必要なこと何か?」をとらえるために読むべき本だと思う。

 

目次

 はじめに 個人がキャリアのイニシアチブをとる時代
 第1章 フリーランス新時代の到来
 第2章 いま、文系総合職フリーランスが求められる理由
 第3章 文系総合職フリーランスになるために
 おわりに "サステナブルな働き方"を手に入れるために 

【次回予告】
 気になる方は登録を!→
follow us in feedly 
現在、『はじめてのGTD ストレスフリーの整理術』の書評を準備です。次回もお楽しみ!


ブログランキングに参加しております。よろしかったらクリックをお願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ



 

ITが苦手な事業主やブログ運営者のためのメルマガ! 登録はこちらをクリック!