日曜日の夕方5時30分から始まる「笑点」の名物である”大喜利”コーナー!

このコーナーに登場する落語家たちの絶妙な”トーク”と”オチ”を聞くと、「うまいなあ~!」と思うことってありませんか?

また、落語には”笑い”とともに”人生の喜怒哀楽”や”人情”があふれるお話がたくさんあります。それらのお話を、落語家たちは、”噺”と”扇子”で表現し、聴衆を引きつけながら語っていきます。

”話のプロ”である落語家たちのお話は”ひねり”が利いており面白い!また、落語家たちの話し方には、「プレゼンや日常会話でも役に立つエッセンス」が、そして、”人生の喜怒哀楽”や”人情”あふれる落語には、「私たちが仕事を行ううえでの、そして生きるうえでのヒント」がたくさんあります。

そして最近、「落語から”ビジネスのエッセンス”を、そして”人生のヒント”を学んでいく」という本が登場しました。元落語家である2人が書かれた「ビジネスエリートは、なぜ落語を聴くのか?」という本です。著者の横山信治先生は実業家として、石田章洋先生は放送作家として、それぞれ成功を収められております。

本イベントでは『
ビジネスエリートは、なぜ落語を聴くのか?』の著者である横山信治先生、石田章洋先生をお招きし、

・落語から学ぶ仕事や人生のヒント


についてお話をいただきます。

この講演に参加した後に落語を聞くようになると、「生きる知恵」が自然と身についているかもしれませんよ。
皆様の、ご参加をお待ちしております。



登壇者プロフィール



・横山信治先生

1982年 日本信販(株)(現三菱東京UFJニコス)入社。営業成績全国最下位のダメ営業マンから、全国NO.1の営業マンへ。

2001年2月ソフトバンクファイナンスに転職し、日本初のモーゲージバンクSBIモーゲージ(株)設立に参加。当初4人でスタートした会社を、従業員250名、店舗数191店舗の上場企業へ成長させる。東証1部上場の金融グループにて役員、社長を経て、2014年4月独立。株式会社オフィス・フォー・ユー代表取締役。

小学校の頃、落語家の笑福亭松鶴に入門し、最年少プロ落語家としてテレビ、ラジオ、劇場に多数出演。芸名は笑福亭手遊(おもちゃ)、笑福亭鶴瓶氏の元兄弟子。
著書に、『入社1年目から使える「評価される」技術』(かんき出版)、『戦わない生き方』(日本文芸社)、『40歳からは、小さいことにくよくよするな。』(PHP研究所)等多数。


・石田章洋先生


放送作家。1963年12月生まれ。岡山県出身。

日本脚本家連盟・日本放送協会会員。プランナー&ライターズオフィス、株式会社フォーチュンソワーズ代表取締役。

日本大学在学中に三遊亭円楽(当時は楽太郎)に弟子入り。落語家になるも数年後、放送作家に転身。以来、25年にわたり、各キー局のバラエティ番組・情報番組・クイズ番組・報道番組など、あらゆるジャンルのテレビ番組で企画・構成を担当。手がけた番組の合計視聴率は5万%を超える。

最近の主な担当番組は、『世界ふしぎ発見!』(TBS)、『TVチャンピオン』(TV東京)、『情報プレゼンターとくだね』(フジテレビ)、『BSフジLIVEプライムニュース』(BSフジ)など。

主な著書に、『企画は、ひと言。』(日本能率協会マネジメントセンター)、『スルーされない技術』(かんき出版)等。



開催概要



【日時】
 2015年6月29日(月)
  19:30~21:30(受付開始・19:15)

【プログラム】
1)横山信治先生、石田章洋先生講演「ビジネスエリートは、なぜ落語を聴くのか?」

【テキスト】
「ビジネスエリートは、なぜ落語を聴くのか?」横山信治、石田章洋著)
http://amzn.to/1Mps72D
※当日、会場にて販売いたします。

【開催場所】
恵比寿ヨコニワ
※場所の詳細については、別途、お知らせいたします。

【定員】
15名(「こくちーず」で申し込みをされた方)

【料金】
参加費:3,000円

【参加方法】
本イベントの正式な申し込みは「こくちーず」への登録が必要となります。下記リンクよりお申込みをお願いいたします。
http://kokucheese.com/event/index/304209/



 
 ビジネスエリートは、なぜ落語を聴くのか?


関連書籍



 

【次回予告】
 気になる方は登録を!→
follow us in feedly 
次回もお楽しみ!


ブログランキングに参加しております。よろしかったらクリックをお願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ



 

ITが苦手な事業主やブログ運営者のためのメルマガ! 登録はこちらをクリック!