今回は、Amazonの新刊コーナーを見て、2015年9月に発売される新刊のうち、僕が「おもしろそうだなあ!」と注目した本を紹介いたします。

よろしかったら、是非、予約を、もしくは発売日に手に取ってみてください!


すべての仕事はクリエイティブディレクションである。 (古川裕也著)



Amazon内容紹介より

ビジネスには「正しい悩み方」がある。
仕事が成功せざるを得ない状況を作り出す技能。
クリエイティブなやり方って具体的にどういうことなのか。

日本を代表するクリエイティブディレクターであり、
電通クリエイティブのトップである古川裕也氏、初の書籍。
「クリエイティブディレクション」という、今まで漠然としていた技術を、初めて体系化。

世界で一番評価されている日本のCDが初公開する 最高の結果のための最強のソリューション方程式です。

すべてのビジネスパーソンにお届けする、アイデアで課題を解決するための具体的方法論。

現代は、マーケティングや社会情勢が大きく変化しているため、解決すべき課題が明確になりません。
メディアの多様化や生活者インサイトの変容により、コミュニケーション方法が無限にあります。
解決手段としてのアウトプットも複雑化し、ゴールがひとつではありません。

だからこそ、すべてを統率し成功に導くための能力が求められています!

広告界だけの技能と思われている「クリエイティブで解決する」という職能をわかりやすく、すべての仕事に応用できる技術としてまとめた本です。   



日本のイノベーションのジレンマ 破壊的イノベーターになるための7つのステップ  (玉田 俊平太著)



Amazon内容紹介より

クレイトン・クリステンセン教授、強力推薦!

私のクラスで目覚ましい才を発揮した玉田氏による本書は、 日本経済の「失われた20年」の原因を解き明かし、 日本再生に向けた「解」を示すだろう

◆多くの日本企業が陥っている"イノベーションのジレンマ"とその処方箋◆

シャープやソニーの赤字転落、携帯電話やテレビ事業の不振など、日本の産業の地盤沈下が進んでいます。

その原因は、韓国・台湾・中国を筆頭とする新興国の勃興とともに、日本企業の多くが「登れるが、降りられない」という「イノベーションのジレンマ」特有の現象に陥ってしまい、新たなイノベーションを起こせなくなっていることにあります。

本書は、クレイトン・クリステンセン教授からイノベーションのマネジメントについて指導を受け、『イノベーションのジレンマ』の監修を務めた玉田俊平太氏により、「破壊的イノベーション」の構造・原理・フレームワークの解説と、「テレビ」「携帯電話」「カメラ」のイノベーションの歴史と日本企業敗戦の理由、そして最新の理論に基づいた日本企業に対する処方箋を提供します。


なぜ「女性起業」は男の10倍成功するのか(後藤勇人著)



Amazon内容紹介より

★フツーの女子が短期間で儲ける8ステップ★

女性は誰でも磨けば光るダイヤモンド!
プチ起業から年収1000万円へ。

起業で成功する確率は、
男性より女性のほうが圧倒的に高い!
なぜなら、消費者が女性ならではの商品・サービスを渇望しているから。


【実例】起業で成功した9人の女性たち

・OLから転身し婚活アドバイザーとして大活躍(澤口珠子さん)
・クリスタルボウルで起業してCDも発売(石塚麻実さん)
・幸せを呼ぶイラストデザインが人気のイラストレーター(いよりあきこさん)
・一瞬で会場が総立ちになるクリエイティブドレスデザイナー(上田惠衣香さん)
・英会話コーチ&翻訳家で活躍するネイティブ日本人(甲斐ナオミさん)
・企業コンサルタントから「出版」の夢を実現!(中沢薫さん)
・クロージング率78%のプレゼンのカリスマ(渡邉秀美さん)
・長生きストレッチ考案で大活躍のフィットネストレーナー(吉田真理子さん)
・モテ声ボイストレーナーでメディアで大活躍(秋竹朋子さん)
     


一流ビジネスマンは誰でも知っているヒットの原理(高杉 康成著)



Amazon内容紹介より

レイコップやT-falはなぜ女性に爆売れ?
30年前に売れなかったコンビニコーヒーが今なぜ大成功?
小さな力で大きな成果を上げるヒントがここに!

日本屈指の高収益企業キーエンスで、 新商品・新規事業のプラナーとして数々のオンリーワン賞品を開発した著者が、 「売り上げを伸ばすプラン」の立て方を基本から解説。

[ヒットの原理]の方程式
トレンド×ニーズ=売れまくり!

テコの原理を知っていれば、小さな力で、重いものを動かすことができます。

それと同じように、ヒットの原理を知っていれば、努力をムダにすることなく、売り上げを伸ばすことができます。

本書では、ヒットの原理を使って、新しい企画や販売促進を成功させる一流プランの作り方を解説します。  


books
photo credit: bradleypjohnson via photopin cc

【次回予告】 気になる方は登録を!→
follow us in feedly
次回もお楽しみに!



ブログランキングに参加しております。よろしかったらクリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

ITが苦手な事業主やブログ運営者のためのメルマガ! 登録はこちらをクリック!