今回は、Amazonの新刊コーナーを見て、2015年11月に発売される新刊のうち、僕が「おもしろそうだなあ!」と注目した本を紹介いたします。

よろしかったら、是非、予約を、もしくは発売日に手に取ってみてください!


books
photo credit: bradleypjohnson via photopin cc


新米主任 ITIL使ってチーム改善します!(沢渡あまね著)



Amazon内容紹介より

最中堅化粧品メーカーで主任に昇格した友原京子。

異動になったのは、問題だらけのハチャメチャ部署だった…。


英国生まれのIT運用ノウハウ「ITIL」をチーム改善に活かすための小説型の指南書。

悩めるチームリーダーに読んでもらいたい1冊!


「新人ガール ITIL使って業務プロセス改善します! 」の待望の第2弾が登場です。今度は主任になった主人公・友原京子がダメダメな部署を立て直すというストーリーを通じて、チーム改善にITILを生かす方法をわかりやすく解説しています。これからチームリーダーになる人、チームリーダーの立場で悩んでいる人などに、「道しるべ」として「ITIL」を提案する1冊です。


今回はITILのおよそ20あるプロセスの中から、

・サービスレベル管理

・インシデント管理

・問題管理

・ナレッジ管理


のたった4つだけを選びました。

この4つは現場のゴタゴタを解決しつつチームの結束を向上させるのに役立ちます。


ITILはすべてのプロセスを組織に完璧に取り入れることを要求していません。あなたの会社は、すでに何らかの管理・改善手法を取り入れていることでしょう。足りないものだけを「つまみぐい」し、自組織の課題解決そしてチーム力強化に役立ててください。 


■気になるポイント


ITILはイギリス生まれのIT運用においては世界標準のベストプラクティス集です。

しかし、ITILの活用は何もITの世界だけには限りません。

そのノウハウは通常の業務においても効果をもたらします。


著者の沢渡あまねさんはオフィスコミュニケーション改善しとしてITILのノウハウを用いながら改善の講演・コンサルティングを行っております。


前作では主人公の友原京子は中堅化粧品会社・ルミパルではたらく2年目の新人ながら、ITILを用いながら購買部の業務を改善していったストーリーでした。

今回は主任に昇格。異動した友原京子が待ち受けていたのは問題だらけの部署だった.......


ITILをチーム改善に用いるというストーリーですが、どのように用いているのか?僕もITILには一定の知識があるのですが、全然想像がつきません。


自分の「武器」を見つける技術(池田 潤著)



Amazon内容紹介より

なぜ、ビジネス書をたくさん読んでも成功できないのか? 

それは、あなたが「自分の武器」を手に入れてないからだ。


それでは、「自分の武器」とは何か? どうすれば手に入るのか?

本書を読めば、誰にでも「自分の武器」があることがわかるし、それを見つける方法も簡単に理解できるだろう。


そうすると何が起きるか?

人と比べて落ち込む必要もなくなるし、自分でない誰かになろうと必死に頑張る必要もなくなる。


すなわち自分だけの人生が送れるようになるし、鬱々とした生活からは解放されるはずだ


■気になるポイント

Amazon内容紹介の冒頭にある「なぜ、ビジネス書をたくさん読んでも成功できないのか? それは、あなたが「自分の武器」を手に入れてないからだ」という言葉。耳が痛い言葉です。

恐らく、ビジネス書を愛好している多くの方は「耳が痛い」と感じている方もいるのではないでしょうか?


では、 自分の武器とは何か?強みとは何か?どのように自分の武器を見つけることができるのか?


多くの方が気になっていると思っているテーマを直球で仕掛けた本に興味深々です。 
 
 

コミック版 たった1分で人生が変わる片づけの習慣(小松 易著)



Amazon内容紹介より

田丸亜希が街中で偶然出会ったのは成績は万年最下位、部屋もデスクも散らかりっぱなしの、「かたづけ士」を名乗る吉竹聖士だった。
 
吉竹の指導のもと、片づけをし始めた亜希の中で何かが変わり始める…! ?

■気になるポイント

片づけは気になるテーマの一つ。

なぜなら、片づけは単に「きれいになる」というだけではなく、仕事の生産性が大きく変わる!」「整理された思考で仕事に取り組める!」など、行動の面においても大きく影響しているのではないかと感じているからです。

本書は、そんな片づけをテーマにしたストーリー仕立ての本。

片づけをし始めた亜希がどのように変わっていくのか?どのような効果が得られるのか?

本書をピックアップしたとき、改めて片づけに興味をいだきました。 


フツーの女子社員が29歳で執行役員になるまで(仮) (横山 祐果著)



Amazon内容紹介より 

「ゲームについては『全くのド素人』だった"フツーの女子社員"がゲームプロデューサーになり、わずか29歳で会社初の女性執行役員に―」

そんな「ウソのようなホントの話」。


"バリキャリ"でもない、ごくフツーの女子社員が、何をどう学び、抜擢されるまでに至ったのか。

下積み時代に学んだ「6つの心得」「反省ノート」など、成果を上げるのに必要な"仕事術"をあますところなく紹介。


「ヒットを生み出す秘訣」「成長する方法」、教えます。


■気になるポイント

「29歳で執行役員」と書くと、「どこか生まれたばかりのITベンチャー企業かな?」と思うかもしれません。

しかし、著者は東証1部上場企業である株式会社サイバーエージェントの女性執行役員!連結で3,000人以上の社員のいる企業で入社7年目の社員が執行役員になるとは!?正直言ってこれだけでも驚きです!

著者が下積み時代から何をどのように学び、成果を上げてきたのか?

タイトルの(仮)の意味も気になりますが、その仕事術の内容も気になります! 
 
 
>>次はこちら!

【気になる本】2015年11月に発売される新刊のうち、「注目の本」をピックアップしました!(その4)



気になる方は登録を!→
follow us in feedly
次回もお楽しみに! 



ブログランキングに参加しております。よろしかったらクリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

ITが苦手な事業主やブログ運営者のためのメルマガ! 登録はこちらをクリック!